コップと薬
錠剤とカプセル

ジェネリックの購入

ジェネリックは新薬を基にして開発された医薬品で、成分や効果は新薬と変わりません。それでいて販売価格が安くなっているため、お得に購入できます。ただ、医療機関では処方してもらえないケースも多いので注意しましょう。

薬のイメージ

個人輸入代行で購入

個人輸入代行では海外製の医薬品を幅広く販売しており、通販サイト感覚で気軽に注文できます。フィラリア予防薬の購入も問題なくおこなえますし、動物病院に通う場合にかかる手間や診察費などの費用もすべて省くことができますよ。

フィラリアは要注意

薬をつまんでいる白衣の男性

愛犬や愛猫を危険な感染症から守るフロントラインプラスがこちらの通販サイトから購入出来ます。

フィラリアは犬や猫にとって危険な害虫です。
そのため、犬・猫をペットとして飼っている人は常に気をつけておかなければいけません。
もしペットたちがフィラリアに寄生されてしまうと、さまざまな症状の原因となってしまうほか、最悪の場合は命を落としてしまう危険もあるのです。
フィラリアの幼虫は蚊を介して犬や猫の体内に寄生し、その後は心臓や肺動脈を主な寄生場所とします。
幼虫の頃はサイズもかなり小さく、目立った症状が出ることもありません。
ですが、問題は成虫にまで成長してしまった場合です。
フィラリアは別名を犬糸状虫と言い、成虫になるとその名のとおり糸状のカラダになります。
場合によっては体長30cmを超えることも多く、そうなると人間でも簡単に目視できるレベルです。
そんな大きさの寄生虫が心臓や肺動脈に寄生しているとなれば、当然血流をはじめとして様々な部分に悪影響が出てしまい、深刻な症状へとつながってしまうのです。
こうなってしまうことを防ぐためにも、ペットを飼っている人はいつでもすぐ対処できるよう、フィラリア予防薬を準備しておくべきでしょう。

フィラリア予防薬とは、ペットの体内に潜んでいるフィラリアの駆除をしてくれる医薬品です。
現在はさまざまなフィラリア予防薬が開発されているため、ペットに適したモノを投与できるようになっています。
基本的には動物病院から処方してもらうことになりますが、中には日本で認可されていないジェネリックゆえに動物病院でさえ処方してもらえないフィラリア予防薬もあります。
しかし、個人輸入代行を利用すればジェネリックでも問題なく購入できます。
いざというときのことを考え、動物病院からの処方と個人輸入代行での購入の2通りの方法で医薬品が購入できることを知っておきましょう。

白いカプセル

動物病院からの処方

動物病院からフィラリア予防薬を処方してもらう場合、専門家である獣医の判断で治療が進みますので、安心して任せることができます。医薬品は扱いを誤ると危険なため、説明をよく聞き、正しく使用するようにしましょう。

色んな種類の錠剤

Popular article

「フィラリア予防薬を購入する方法/処方と輸入」の記事一覧です。