動物病院からの処方|フィラリア予防薬を購入する方法/処方と輸入

動物病院からの処方

白いカプセル

個人輸入代行はたいへん便利なサービスであり、医療機関へ通うことなく目的の医薬品を簡単に入手することができます。
しかし、利用に関してはすべて自己責任であり、個人輸入代行での医薬品購入および使用によって問題が起きたとしても、誰も責任を取ってくれないのです。
個人輸入代行ならジェネリックの購入が可能とはいえ、確実な安全性を求めるのであれば、これまで通り、動物病院で新薬を処方してもらうのがいいでしょう。

動物病院からフィラリア予防薬を処方してもらう場合、やはり専門家である獣医の判断で診察や処方してもらえることが大きなメリットです。
医薬品は病気・症状を治療するのに欠かせないモノですが、扱いを誤ってしまうと毒にもなってしまいます。
それは人間が使用する場合も、ペットに投与する場合も同じです。
しかし、獣医からフィラリア予防薬を処方してもらうのであれば、症状に適した医薬品を確実に処方してくれますし、用法用量や副作用に関する説明も正しくしてもらうことができます。
みなさんが正しく使用させすれば、安心して治療を進めることができるのです。

ただ、動物病院からフィラリア予防薬を処方してもらう場合、手間や費用がかなりの負担となってしまうこともあります。
特に費用が問題で、薬代そのものが高いだけではなく、診察費などもかかってしまいます。
また、フィラリア予防薬は1ヶ月間予防薬として効果を持続させてくれますが、逆に言えば1ヶ月経てばまた投与しなければいけないということです。
毎月分のフィラリア予防薬を購入しているとどんどん出費が重なってしまうため、経済的な負担になりやすいのです。

このように、動物病院から処方してもらう場合でも、個人輸入代行を利用して購入する場合でも、メリットとデメリットがそれぞれあります。
きちんと理解したうえで、みなさんに合った方法で医薬品を購入しましょう。